わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ミヤマシケシダ

湘南のシダ (オシダ科)

ミヤマシケシダ


Deparia pycnosora var.mucilagina 
(オシダ科)
別名ハクモウイノデ。山地の湿気の多い場所に生える夏緑性の多年草。丹沢大山に広く分布しているが少なく、大磯丘陵の1ヶ所でも記録されたが稀。根茎は斜上または直立し、長さ80cm前後の葉が群がってつく。葉に毛が少ないものをミヤマシケシダ、多いものをハクモウイノデと呼んで細分することもある。


ミヤマシゲシダの分布




ページの先頭へ