わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

アブラハヤ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

アブラハヤ


Moroco steindachneri
(コイ科)
川の上流にすむ魚で、丘陵地でも水の豊富な流れがあれば生息している。金目川水系では秦野、伊勢原には広く分布している。川の淵や流れのゆるい部分に群れて生活し、底生動物、水面に落ちた昆虫、石についた藻類などを餌にしている。相模川水系では、神奈川県ではウグイのことをハヤ、アブラハヤはニガッパヤとかアブラッパヤと呼ぶが、山梨県に入るとウグイはウグイと呼ぶようになり、ただハヤというとアブラハヤを指すようになる。これは、各地方の生物の呼び名を理解するには、一つ一つバラバラに見るのではなく、組み合わせとして考えなければいけないことの好例である。


アブラハヤの形態図


アブラハヤの分布


ページの先頭へ