わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

コノシロ

カエルと淡水魚 (川へ入る海水魚)

コノシロ


Konosirus punctatus
(ニシン科)
内湾に生息する海水魚で、背びれの後端が糸状に伸びるのが特徴。食用とされ、コハダと呼ばれる。しばしば川に入ることがあり、相模川河口付近でよく記録され、時には大きな群が見られる。


コノシロの形態図


コノシロの分布


ページの先頭へ