わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ゲンゴロウブナ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

ゲンゴロウブナ


Carassius auratus cuvieri
(コイ科)
ヘラブナとも呼ばれる種類で、琵琶湖水系から移入され、釣り魚として好まれるので各地の池や川に多数が放流されている。ギンブナやキンブナに比較して、体が幅広く、また色も銀色をしている。他のフナ類と違い、おもにプランクトンを餌にしている。そのために流れのある川よりも淀みや池沼を好み、寒川取水堰の上などで見られる。

ゲンゴロウブナ

ゲンゴロウブナの形態図


ゲンゴロウブナの分布


ページの先頭へ