わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

マハゼ

カエルと淡水魚 (ハゼのなかま)

マハゼ


Acanthogobius flavimanus
(ハゼ科)
内湾から汽水域に生息するハゼ類で、釣りの対象として人気がある。相模川のハゼ釣りはかっては河口付近で行われていたが、現在は四之宮付近がおもな場所になっている。こうした変化は、川の流量の減少などが原因で汽水域が広くなったためと考えられる。


マハゼの形態図


マハゼの分布


ページの先頭へ