わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ニホンアカガエル

カエルと淡水魚 (カエルのなかま)

ニホンアカガエル


Rana japonica
(アカガエル科)
ヤマアカガエルによく似るが、体側線が鼓膜の後ろでも曲がらないこと、鼻先が尖ることで区別できる。オタマジャクシでは、本種は胴の中心の左右に黒点があることで区別できる。ヤマアカガエルと同様に早春の2月頃にいったん冬眠からさめて、湿田などの水たまりに産卵し、再び冬眠に戻る。卵塊は透明な寒天質に包まれた塊で、数百個の卵が入っている。産卵期以外は丘陵の林床で生活している。丘陵から山麓に分布が限られ、ヤマアカガエルに比べて生息地が少ない。平塚でも丘陵地の谷戸田のみで産卵が記録されている。

ニホンアカガエル

ニホンアカガエルの分布

アカガエル類の卵



ページの先頭へ