わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

オイカワ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

オイカワ


Zacco platypus
(コイ科)
湘南の川ではもっとも個体数の多い魚だが、昔からこの地方にいた種類ではなく、アユの放流にともなって琵琶湖水系から持ち込まれたものと考えられている。そのことを裏付けるように、オイカワのことをビワコを呼ぶ地域もある。呼び名は多い魚で、ヤマベとよく呼ばれるほか、ジンケン、オコゼの名もある。尻びれが大きい特徴があり、初夏の産卵期に雄は美しい赤と緑の婚姻色になり、顔にはにきびのようなたくさんの追星(おいぼし)も現れる。

オイカワ(小杉正則氏撮影)

オイカワの形態図


オイカワの分布


ページの先頭へ