わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ニゴイ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

ニゴイ


Hemibarbus barbus
(コイ科)
1対の口ひげを持ち、一見するとコイに似ていますが、鼻先が尖っていること、背びれが短いことで区別できる。体長50cmになる大きな魚。湘南では相模川だけに見られミゴイとも呼ばれている。水生昆虫、藻類などを餌にしている。幼魚は側面の中央に黒斑が並び、よく別の種類と間違われる。

群れるニゴイ(小杉正則氏撮影)

ニゴイの形態図


ニゴイの分布


ページの先頭へ