わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

ウグイ

カエルと淡水魚 (コイ科の淡水魚)

ウグイ


Tribolodon hakonensis
(コイ科)
ウグイは川の中流の代表的な魚の一つで、体長は30cmを超えるものがいる。初夏の産卵期には雄は体の側面に3本の赤い縦すじが現れる婚姻色となり、アカハラなどと呼ばれる。ウグイのことをハヤと呼ぶ地方も多く、一方アブラハヤをただハヤと呼ぶ所もあるので、聞き取りの記録は正確を記する必要がある。相模川には普通だが、金目川水系では多くはない。


ウグイの形態図


ウグイの分布


ページの先頭へ