わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

6月 アマガエルの合唱

平塚の水辺 (水辺の自然)

6月 アマガエルの合唱


6月を迎え、水田に水がはられると、にぎやかなカエルの合唱が聞こえるようになります。ゲッ、ゲッ、ゲッ、・・・と元気に鳴き続けるのがアマガエルで、このカエルは雨を告げる動物としても知られています。昼間に急に鳴き出すと、夕立ちが来たりすることがあるからです。
 アマガエルは体の長さがわずか3,4cmの小さなカエルですが、のどにある鳴き袋をいっぱいにふくらませて、信じられないくらい大きな声を出します。懐中電灯で鳴いている姿を照らし出す機会があったら、その懸命に生きる姿に感動することでしょう。
 水田が埋め立てなどで少なくなるにつれて、アマガエルも減少しています。中には、その声をやかましいと嫌う人もいるようですが、季節の風物詩として味わう気持ちを持ちたいものです。

のど袋をふくらませて鳴くアマガエル

通常の緑色をしたアマガエル

木肌に似た茶色っぽい色に変わった個体

珍しい色変わりの青いアマガエル


ページの先頭へ