わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

3月 影を楽しむ

平塚の水辺 (海辺の自然)

3月 影を楽しむ


 今回は、ひと味違う漂着物の楽しみ方をご紹介します。浜辺では、流木や草の根など、ひねくれた形の物も多く見つかります。天気の良い日に、そうした物を砂の上に立てると影ができます。きめの細かい砂がたまった場所を選ぶと、特に鮮明な影が現れるでしょう。その影をじっと見ていると、けもの、鳥、魚、人などいろいろな物に見えてきます。その見立てを楽しもうというのです。影絵遊びの海岸版といったらよいでしょうか。同じ物でもちょっと立てる角度を変えただけで、さまざまな表情を見せてくれます。
 もう一工夫できるのは、影のついた場所に砂を盛ったり、削ったりすると、影の形が変わっていくということです。最初は、恐竜に見えていた影に、砂をさらさらと落としていくと、タツノオトシゴに変わっていく、そんなことも可能かもしれません。ぜひ、浜辺の影遊びを楽しんでください。

(1)面白い形の流木を見つけたら・・

(2)立てる角度を変えると、できる影も変わっていく

(3)立てる角度を変えると、できる影も変わっていく

(4)立てる角度を変えると、できる影も変わっていく


ページの先頭へ