わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

写真85 ご飯籠

食の民具たち 平成16年冬季特別展 (5 食卓の周り)

写真85 ご飯籠


左より
85-1 径32.0cm×23.5cm 1点
 シキと蓋の中心部は網代編みで周辺は蜘蛛の巣編み、マワシは笊目編み。シキと蓋は竹の身のヒゴで編み、マワシ(蓋のマワシも)は皮付のヒゴを主に用いる。竹筒を四本差し込み、四本足とする。
85-2 径32.5cm×25.0cm 1点
 編み方は-1と同じだが、マワシはヒゴの皮面を内側に向けて編む。輪状の脚が付く。
 平塚市入野 江原一男氏寄贈

ご飯籠





ページの先頭へ