わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

四之宮西町

平塚の道祖神 (大野地区)

四之宮西町


四之宮855路傍
ブロック塀に囲まれた多数の五輪石の中に青面金剛を刻んだ寛延4年(年代は『大野誌』による)庚申塔があり、これを昔から道祖神と呼んでいる。

寛延4年(1751)の庚申塔
<形>角柱 <寸>44×25×22<銘>(右)□□供養塔

正月飾りやダルマが納められた道祖神
ページの先頭へ