わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

御殿C遺跡

平塚の遺跡

御殿C遺跡

ごてんCいせき


御殿に所在し、渋田川左岸の自然堤防から砂丘・砂丘間凹地に立地しています。5地点の調査が行われています。古代では7世紀後半から9世紀後半までの住居址が検出されています。溝状遺構も多く発見されていますので、生産に関わったものと思います。中世では溝状遺構が主体となっていますので、生産空間として土地利用されたものと思います。遺物は土師器、須恵器、灰釉陶器、土錘などが出土しています。弥生後期の土器も出土している。

御殿C遺跡_全体写真

御殿C遺跡_井戸址

御殿C遺跡_溝状遺構群

御殿C遺跡_全体写真


ページの先頭へ