わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

権現堂遺跡

平塚の遺跡

権現堂遺跡

ごんげんどういせき


岡崎字権現堂に所在し、岡崎台地の北端に位置する遺跡です。3回ほど調査が行われ、弥生時代後期から古墳時代前期の方形周溝墓が8基、土壙墓2基と住居址1基などが発見されています。また、旧石器時代のスクレイパーや縄文時代草創期のポイントが出土しています。方形周溝墓とは溝にとって四角に区画され、内側に盛り土された弥生時代中期から古墳時代前期までに造られた墓をいいます。北金目の王子ノ台遺跡、向原の原口遺跡などが大変有名です。この時期は日本全体が揺れ動きながら大和政権に統一されるまでの、過渡期的な状況となっていますので、大変面白い時期かと思います。

権現堂遺跡_全体写真

権現堂遺跡_3号土壙

権現堂遺跡_全体写真

権現堂遺跡_2号方形周溝墓土器出土状況


ページの先頭へ