わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

日向岡遺跡

平塚の遺跡

日向岡遺跡

ひなたがおかいせき


公所字日向岡・長久保、根坂間字日向岡に所在し、大磯丘陵の東端の台地に位置します。半独立台地的で、大磯丘陵のなかにあってもひときわ目立っています。調査は昭和49年から4回ほど実地されていますが、調査地点が偏っているために全体の様相はよく分かっていません。縄文時代早期・前期・中期・後期の遺物が発見されていますが、主体は中期にあります。興味深い資料として中国地方の中期の「船元式」が出土しています。どのような交流で、この地にもたらされたものでしょうか。また、五領ケ台遺跡とどのようなつながりがあったのでしょうか。

日向岡遺跡_全体写真

日向岡遺跡_サークル状建物

日向岡遺跡_縄文早期の土壙

日向岡遺跡_縄文中期の埋甕


ページの先頭へ